エスクァイアの限界値引きを一度の商談で!

エスクァイア一発値引き交渉術!

エスクァイアを一度の商談で限界値引きで安く買う交渉術です。

やり方は簡単です。エスクァイアの限界値引きを基準に目標支払額を算出して、それをエスクァイアを販売しているトヨタ店・トヨペット店にぶつけるだけです。

ただし成功させるには、事前の準備が必要です。現在のエスクァイアの限界値引き額を参考に、リアリティのある理想の総支払額にしなければなりません。

そのための情報は全て当サイトにあるので、当サイトで情報収集してエスクァイア一発値引き交渉を成功させましょう!


エスクァイアの目標値引き金額

エスクァイアの値引きが今現在いくら可能なのかは、こちらで分かります。車両本体からの目標値引き金額の他に、ディーラーオプションからも20~30%の割引きが可能です。

以下を参考に目標値引き額を設定しましょう。(毎月更新)

エスクァイア値引き口コミも参考にどうぞ。

エスクァイア車両本体からの目標値引き額(2017年8月現在)

25万円
(エスクァイアハイブリッド値引き25万円)

オプション総額 オプションからの目標値引き額
10万円 2~3万円
20万円 4~6万円
30万円 6~9万円
40万円 8~12万円
50万円 10~15万円
瞬間的にエスクァイアの値引きが多くなる時期
1月後半~3月
(年度末決算セール)
上記+5~10万円以上
6月~7月
(夏のボーナス商戦)
上記+5万円前後
8月中旬~9月
(中間決算セール)
上記+5~10万円以上
11月~12月
(秋・年末商戦)
上記+5万円前後
※参考 エスクァイア実際の値引き額

上記の車両本体からの値引きと、オプション合計金額からの値引きを合わせた金額が、エスクァイアの値引き合格ラインです。

さらにエスクァイアを購入する時期によって、値引き合格ラインに上乗せが可能です。上記の瞬間的に値引きが多くなる時期のプラスアルファ分の値引きも考慮して、一発値引き交渉で提示するエスクァイアの購入金額を設定しましょう。

 

下取り車の相場チェック

下取り車があれば、今の価格を調べて希望予算に組み込んでいきましょう。

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム
ガリバーのオンライン無料査定です。買取業界最大手のガリバーは、買取実績ナンバーワンです。台数を多く買い取る事により高価買取が可能になり、下取り車の高査定が期待できます。下取り車を高く売るならガリバーの査定は欠かせませんね。

当サイトの下取り車は最高額で売ろう!も参考にどうぞ。

 

エスクァイアの諸費用

エスクァイアハイブリッドGi 7人乗りの諸費用です。

エスクァイアの車両本体価格とオプション価格に諸費用をプラスして、エスクァイアの定価の総支払額を出しましょう。

諸費用合計金額 141,357円

・自動車税(8月登録) 23,000円

・自動車取得税 0円(免税)

・自動車重量税 0円(免税)

・自賠責保険料 40,040円

・リサイクル料金 12,500円

・登録諸費用 63,040円

 

エスクァイアを一回の商談だけで安く買おう!

エスクァイアの購入グレードとオプションを選んだら、上記の諸費用を加算して、定価の総支払額を算出します。

当サイトのエスクァイアの目標値引き額とオプション合計金額から算出したオプションの値引き額、決算期やボーナス時期ならプラスαの値引き額を合計します。

そして定価の総支払額から値引き合計金額を差し引けば、目標とするエスクァイアの総支払額が出るでしょう。

そこから自分の納得できる金額になるように調整して、目標の総支払額を決定します。

目標の総支払額が決定したら、エスクァイアのトヨタ店かトヨペット店へ行って、一度きりの商談をする訳ですが、ここで一発値引き交渉が成功しやすい商談方法を紹介します。

それはライバル車を購入寸前の設定でディーラーへ行って、希望金額になるならエスクァイアを購入しても良い、とセールスさんに伝えて一発勝負に出ます。

一例として以下のように言ってみると良いでしょう。

「購入を前提としてヴォクシーの商談をしています。これからネッツ店へ行く予定でしたが、エスクァイアも気になったのでこちらに来てみました。トヨタのミニバンなら車種にこだわりはないので、もしこちらの希望する条件になればこの場でエスクァイアを契約します。ダメならネッツへ行きます。」とやってみます。

値引き交渉でライバル車を引き合いに出せば、「条件さえ合えばヴォクシーを買おうとしているお客さんをこちらに引き込める」と、セールスさんのやる気スイッチが入る事でしょう。1台契約が取れるチャンスをみすみす逃す手はありません。しかもライバル車に持って行かれるならなお更です。

当サイトのエスクァイア目標値引き額から購入条件を算出すれば、セールスさんにとって簡単ではありませんが、出せない条件でもありません。きっとセールスさんが頑張ってくれるはずです(笑)。

もし成功しなかったら、エスクァイアはトヨタ店とトヨペット店の扱いなので、トヨタ店でダメだったらトヨペット店へ行って、再度一発値引き交渉を仕掛けても良いでしょう。

もしくは希望条件を下げられるなら、セールスさんに歩み寄って妥協案を出して再度交渉する方法もあります。

 

前もってディーラーにエスクァイアの値引き条件を伝えておく方法も

もしエスクァイアを購入する期間に余裕があるなら、前もってディーラーへエスクァイアの購入条件を伝えておく方法もあります。

トヨタ店・トヨペット店に行ったら、「希望する条件になるならいつでもエスクァイアを契約します。この条件で出来る時に連絡を下さい」と伝えておきます。

この方法は意外と有効で、複数のディーラーでやっておけば、どこかから連絡が来る可能性が高いです。

エスクァイアならトヨタ店とトヨペット店扱いなので、越境が可能な地域なら「地元のトヨタ店」「地元のトヨペット店」「隣県のトヨタ店」「隣県のトヨペット店」と4店舗に条件を伝えておくと、成功する確率が高まるでしょう。

エスクァイアの値引き条件が緩くなる「年度末決算期の2月~3月」「中間決算期の9月」に合わせてやると、さらに成功する確率が上がります。

反対に新車の販売台数が減少する4月や12月に仕掛けるのも、販売目標達成が厳しいディーラーに当たる可能性が高いので、成功するケースがあります。

 

下取り車があれば手軽にエスクァイアを安く買える

下取り車があれば、エスクァイアの値引き交渉が苦手な方でも手軽にエスクァイアを安く買うことが出来ます。

やり方は意外なほど簡単です。ぜひ実践しましょう!

 

ディーラーの下取り金額は低く見積もられている

まず気をつけたいのが、ディーラーの下取り金額はとても低く見積もられている、と言うことです。

理由は、「後から値引きの代わりに下取り金額を上げて契約してもらうため」「規定の査定書の金額で出すので、リアルタイムの中古車相場を考慮していない」「新車販売がメインなので強気な下取り金額を出せない」などの理由があります。

大体金額にすると、10~20万円以上低く見積もっている事が多いです。大手の中古車買取店の統計では、ディーラーの下取りと買取店の差は、平均して16万円と言う数字が出ています。

平均で16万円なので、その中古車に残っている相場が高ければ高いほど、金額差が大きくなる傾向です。

 

管理人の下取り車の実例

多くの人は下取り車をディーラーへ出していると思います。管理人も車を買い替える時は、まずはディーラーへ査定してもらいます。

以前に軽自動車を買い替えた時のディーラーでの下取り金額は、39万円でした。

出来るだけ次の新車の支払額を下げたかったので、買取店の査定サイトに申し込んでみました。

すると・・・

 

カービュー査定

申込後、査定サイトで表示された自分の車の相場は、59.5万円でした。

実に20万円も高い相場だったのです。

その後ディーラーに買取店の相場は59万円であることを伝えると、ディーラーも下取り金額をアップしてきたのです。

 

その時の契約書ですが、下取り車の価格が39万円から57万円に変わっていました。18万円の上乗せです。

やはりディーラーの下取り金額は、買取店よりも平均16万円安いと言うのは本当のようですね。

その後査定サイトで申し込んだ買取店にも査定してもらい、58万円を付けてもらいましたが、ディーラーの下取り金額もリサイクル料の戻りを入れるとほぼ58万円なので、そのままディーラーへ下取りに出しました。

その時買取店が言っていた事は、「お客さんの車はカスタム系のグレードなので58まで付けられます。標準グレードならディーラーと同じ39万円がいいとこですね」でした。

こんなことも知らずに、最初の査定価格でディーラーに下取りに出していたら18万円も損することになります。危なかったですね・・・^^;

この時やった方法は、査定サイトの買取相場をディーラーへ伝えただけです。これだけで18万円も高く売れたので、エスクァイアの値引き交渉が苦手な方でも、簡単に出来る方法ではないでしょうか。

利用した査定サイトはかんたん車査定ガイドです。1分程度の入力ですぐに自分の車の買取相場が画面上に表示されるので、自分の車の相場を知る、ディーラーの下取り金額と比較するにはとても便利になサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

PAGE TOP